水虫の治療

水虫と爪水虫の薬と治療についてまとめました

水虫治療の注意点

水虫(爪水虫)を治療するにあたって、注意しなければならないことがいくつかあります。

水虫薬は真菌、とくに水虫の原因菌である白癬菌に対して高い殺菌抗菌作用がありますが、真菌以外の原因(例えばアレルギーなど)で痒みや皮膚の荒れが起こっていた場合、症状を悪化させるだけで逆効果になる場合もあります。

水虫かどうかの判断は残念ながら医師が検査をしなければわかりませんから、水虫薬を使って症状が改善しない、または悪化した場合、迷わず医師に相談してください。

さらに、爪水虫は一般的に、皮膚の水虫が悪化し、爪に入り込むことで起るケースが多いと言われています。よって出来るだけ早い段階で、確実に水虫を治しておくことが重要になります。

これまでに解説してきた通り、水虫薬は正しく根気強く使いさえすれば必ず治ります。爪水虫になってしまった場合、治療はさらに困難ですが、Dr.Gクリアネイルのように、爪水虫に特化したお薬もありますので、いくらか手軽に治療することも可能です。

諦めず、根気強く、出来れば医師に水虫菌の診断をしてもらった上で、水虫治療に励みましょう。

 塗り薬?飲み薬?水虫治療薬の選び方
 水虫を完治させる治し方
 爪水虫の治療薬
 水虫薬の副作用
 水虫薬の服用方法
 内服薬の飲み合わせ
 爪水虫(爪白癬)に効く塗り薬
 水虫治療の注意点

HOMEへ戻る