水虫の完治・治し方

水虫と爪水虫の薬と治療についてまとめました

水虫を完治させる治し方

水虫薬は根気強くつけなくてはなりません。水虫の菌は皮膚の角質に入り込んで住みついていますので、少なくとも皮膚が新しいものに変わる1ヶ月程度はつけ続ける必要があります。

くれぐれも薬をつけて痒くなくなったなどの理由で、途中で止めるようなことはしないようにしましょう。菌が皮膚の中に潜んでいればたちまち再発してしまいます。水虫治療の基本として、治ったと思ってからさらにもう1ヶ月は薬をつけ続ける、というものがあります。念には念を入れ、しっかり治療しましょう。

薬をつける回数などは、購入した薬の指示に必ず従ってください。つけ忘れることなく毎日継続しなければ治らないものですので大変ですが、指示に従えば必ず良くなりますので真面目にコツコツ頑張りましょう。

薬はお風呂上りの、皮膚が柔らかくなった時を狙ってつけると効果的です。そうでなくても、足に直接触れるならば清潔にした後の方が良いでしょう。

また、薬をつける範囲にも気を配る必要があります。

水虫菌は意外に広い範囲にいるので、痒いところだけではなく周辺にも広くつけます。この点から考えると、やはりクリームタイプのものがより治療には適しているような気がします。なお、薬は薄く塗っても効果があります。塗り過ぎてもベタベタと不愉快なだけですので、薄く・広くを心がけましょう。

 塗り薬?飲み薬?水虫治療薬の選び方
 水虫を完治させる治し方
 爪水虫の治療薬
 水虫薬の副作用
 水虫薬の服用方法
 内服薬の飲み合わせ
 爪水虫(爪白癬)に効く塗り薬
 水虫治療の注意点

HOMEへ戻る