爪水虫の治療薬

水虫と爪水虫の薬と治療についてまとめました

爪水虫の治療薬

爪水虫は他の皮膚の水虫に比べて治しにくいと言われています。なぜなら、爪水虫の場合の白癬菌は、爪の表面ではなく爪の内部に存在しているからです。

つまり、クリームタイプや液状の水虫薬を水虫に侵された爪に塗ったとしても、薬の成分は水虫には届かないのです。それ以前に、爪の表面には汚れを弾くようにコーティングされたような層があるので、ただでさえ薬は内側に届きにくいようになっているのです。

以上の理由から、爪水虫の治療には、一般的に錠剤タイプの内服薬が使われます。内服薬なら、足の裏や指の間に水虫があった場合も同時に治療できますから、患部の全てに薬を塗るよりは楽かもしれません。

ところが、水虫治療に使われる薬は副作用が強く、場合によっては服用出来ないこともあります。よく水虫の内服薬と言えばラミシールやイトリゾール(イトラコナゾール)といった薬が処方されますが、どちらも場合によっては重い副作用を伴うことがあるので服用には注意が必要です。

 塗り薬?飲み薬?水虫治療薬の選び方
 水虫を完治させる治し方
 爪水虫の治療薬
 水虫薬の副作用
 水虫薬の服用方法
 内服薬の飲み合わせ
 爪水虫(爪白癬)に効く塗り薬
 水虫治療の注意点

HOMEへ戻る